鳴滝総合支援学校

京都市右京区音戸山山ノ茶屋町9ー2
グランド芝生化(約1,070平方メートル)

 

 2015年度までのレポートはこちら→2015年度までの活動レポート


2022年4月19日 現地調査を行いました。

芝刈りが少し遅れて所々虎刈りになっています。

芝刈りや肥料撒きの管理作業は生徒たちが主におこなっています。


雑草もやや多めですが全体的にまずまずの状態です。

一部にギョウギシバのような荒い草が繁茂しています。



2022年1月17日 現地調査を行いました。

雑草(スズメノカタビラ)が優占していますが芝生と一体化しています。

コロナ禍の中で管理は良く出来ています。


雑草(スズメノカタビラ)の繁茂している部分です。



2021年11月22日 現地調査を行いました。

雑草は混じりますが、まずまず良い状態です。

 

一部に強い雑草が生えていました。ギョウギシバか?

生徒たちが芝刈りを行っていますが手入れは十分です。



2021年9月29日 秋のウィンターオーバーシーディングを行いました。

新型コロナとスプリンクラー故障で、芝生の状態は少し悪い。

コロナ禍で生徒の応援が無いが、先生と会員で作業しました。

ドレッサーで山砂を撒きました。

教頭先生から作業前の挨拶を聞く芝生SC会員。

 

冬芝のタネをサイクロンで播きました。



2021年7月27日 現地調査を行いました。

石灰で白線を引いた部分の冬芝が枯れて茶色になっています。

冬芝の生育が良い部分は雑草が減少しています。

白線部は冬芝の生育が良かった場所ですが枯れました。



2021年4月20日 現地調査を行いました。

年度代わりの繁忙で芝刈りが遅れていますが状態はまずまずです

上部の白い部分は雑草(スズメノカタビラ)が花穂を付けています



2021年1月19日 現地調査を行いました。

芝生に多少の色ムラはあるが非常に良い状態です



2020年11月24日 現地調査を行いました。

手入れが行き届き冬芝の密度も高く良い状態です。



2020年9月30日 秋のウィンターオーバーシーディングを行いました。

芝生はかなり雑草が混じっていますが管理は良くされている。まずコアリングを始めました。

冬芝のタネをサイクロンで播きました。

ドレッサーで目土を散布しました。終礼で生徒から初めての作業だったが楽しくできたとの言葉を頂きました。

コアリングで出たコア集めを生徒や先生方も会員と一緒に作業して頂きました。

目土をトラックから生徒が積んでくれました。



2020年7月28日 現地調査を行いました。

雑草は多めですが芝生管理も良くされて、夏芝の密度も高く良い状態です。



2020年4月21日 現地調査を行いました。

キッチリと管理が出来ていて非常に良い状態、但し雑草(スズメノカタビラ)が増加

少し見にくいですが夏芝も伸長を始めています

芝生の葉色も申し分のない良い出来です